待遇のいい会計事務所を求人で見つけたら今すぐ応募しよう

施工管理技士資格は必須

男性

実務経験も必要

現場監督の求人に応募するには、1級または2級の建築施工管理技士、1級または2級の土木施工管理技士の資格が必要となります。1級または2級のいずれかの資格があれば求人の応募条件を満たすことができますが、1級所持者は即戦力として、即採用される場合が多くなっています。また、建築・土木施工管理技士の資格を所持しているだけでなく、実務経験も必要です。ニュータウン建設などの一般住宅の建築を担当する現場監督、マンションやオフィスビルなどのビル建設を担当する現場監督とでは、それぞれ求められるスキルや経験が異なるため、それぞれの現場にふさわしい実務経験が必要です。また、建築や土木工事が行われている場所までの移動するために、現場監督が自分で車を運転する必要があります。そのため、求人票にも普通免許所持者だけ応募可と記載されていることもあります。ただし、電車や地下鉄での移動が容易な都市部では、自動車の運転免許は必ずしも必要ではありません。報告書などの文書作成のために、ワープロソフトと表計算ソフトを扱えることが条件となっている求人もあります。ただし、パソコンを使った業務については、それほど高いスキルを求められることはなく、採用されたあとで研修を受けるなどして十分に対応が可能です。現場監督は現場でチームをまとめて、円滑に工事を進行させる必要があるため、高いコミュニケーション能力やリーダーシップも要求されます。採用面接では、協調性やリーダーシップについて厳しくチェックされていることを忘れないようにしましょう。